岐阜県本巣市の屋根工事店(株)竹本工務店 問い合せ プライバシーポリシー
HOME 屋根を考える 主な施工例 News & Topics 最近の施工例 お勧めコンテンツ 会社案内


竹本工務店

2011年05月05日

ハイシルバー

002.jpg003.jpg

J形和瓦防災瓦エース
■ カラー ハイシルバー
■ 八寸並鬼:厚のし/2:厚のし/3:江戸
posted by TAKEMOTO at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2011年04月12日

御所鬼(ごしょおに)

011.jpg012.jpg

■棟の端を飾る鬼瓦の形状の一種で、足元に雲模様をつけず「荒目流し」や「筋掘り」で造られた鬼瓦のことを言います。

008.jpg屋根のリフォーム.gif 左斜め上

■鬼瓦の一種であるが、とくに御所の重要な建物使にわれていることから、御所鬼と呼ばれている。また獅子口(ししぐち)とも言います。
posted by TAKEMOTO at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2011年03月22日

ガラス瓦

ガラス瓦採光システム
ガラス製の瓦で屋根開口部分を葺く、トップライトシステム。美しい瓦屋根をそのままに、採光ができます。

003.jpgD4GT1KAGLSKWR2.jpg

屋根に凹凸を作らず、瓦屋根の美しさを損ないません。ガラス瓦は普通の瓦同様、野地板部分にほとんど雨を侵入させません。
また、野地板部ではアルミ枠に<ニューSG>を組み込んだ下地ユニットが雨水の侵入を防ぎます。
二重防水の安心できるシステムです。
posted by TAKEMOTO at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2011年02月18日

雪止瓦・雪止金具

屋根の雪対策は大丈夫ですか?
雪止瓦がなく、近隣住宅へ落雪し、クレームとなっていたケース。集合住宅地では非常に多くのお問合せがあります。

008.jpg1.jpg

  和型 陶器瓦                           和型 いぶし瓦
雪止を複数段分けて取り付ける事で、屋根上から滑り落ちる雪の速度を落し、分散して落雪を防ぐ方法。

L型.jpg扇形施工例.jpg

  平板 L型雪止金具                        平板 扇形雪止金具
立地条件や積雪量、屋根勾配によっても異なりますが、落雪による危険度が少なければ雪止金具のシングル施工がお勧めです。
posted by TAKEMOTO at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2011年02月05日

雪害

積雪量の多いエリヤでは雪が解け始めると日当たりの悪い方に大棟が引張れる事があります。

005.jpg009.jpg

従来、棟・壁際(土居のし)のし積み部は、中に屋根土、表面にしっくいというのが標準工法でした。強風などの激しい風雨や大雪などによって崩れてしまったりすることも少なくないのが今まででした。

001.jpg002.jpg

弊社では、棟部をしっかりと緊結固定(ガイドライン工法)し、なんばんしっくい(シリコン入)にて棟瓦を積み直します。

004.jpgmizusyattoSIRO.jpg

水シャット 屋根用南蛮しっくい
シリコンを含む製品であるため、水をはじく防水性(撥水性)に優れ、積雪地方まで対応。地震や風雨に強い。
posted by TAKEMOTO at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年12月20日

スーパートライ110タイプV

緩勾配対応防災平板瓦  スーパートライ110タイプV

002.jpgiromihon-kihon2.jpg

瓦の山と谷が縦につながるシンプルなフォルムは、色によりそのイメージを大きく変えることができます。
お好みの色をチョイスするだけで、ヨーロッパの伝統的なデザインにも、モダンな和風のデザインにも自由自在です。
■色 アンティックブラウン ■袖部 RS袖
posted by TAKEMOTO at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年12月18日

スーパートライ110タイプT

高機能エコ瓦 スーパートライ110 クールベーシック

002.jpgburaf1.jpg

■切妻                  ■寄棟
●スーパートライ110タイプT    ●スーパートライ110タイプT
●色 クールブラック          ●色 クールブラック
●袖部 RS袖瓦             ●棟部 F1冠
●棟部 F1冠
posted by TAKEMOTO at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年12月14日

並鬼

三州切落いぶし瓦

002.jpg 014.jpg

■ 切落桟瓦(防災瓦)
■ 大棟部 並尺三ッ切足付鬼 厚のし/2:厚のし/5:伏間
■ 隅棟部 並八寸一文字鬼 厚のし/1:厚のし/3:伏間

屋根のリフォーム.gif 左斜め上
posted by TAKEMOTO at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年12月10日

ルーフリニア50

和 玄関
玄関の壁にルーフリニア50を使い高級感を引き出しています。

014.jpg009.jpg

■ 屋根部                                ■ 壁部
平部:切落桟瓦(防災瓦)                         和違いのし
軒先部:ウェーブ軒瓦                           ルーフリニア50
袖部:ビュール40袖瓦

005.jpg

【ルーフリニア50】小割り感のある坪当たり50枚(働き幅295mm、働き長さ200〜220mm)のF型(平板)です。
posted by TAKEMOTO at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年12月05日

ウェーブ軒瓦

019.jpg010.jpg

●和洋を問わずスッキリした軽い感じに仕上がります。

洋風イコール平板というイメージが少なからずありますが、伝統の和の形を洋風に仕上げる工法がここにあります。
軒瓦にウェーブ軒を使用することによって柔らかい軽快感を出すことができます。
posted by TAKEMOTO at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年11月01日

片流冠瓦

006.jpg003.jpg002.jpg

片流屋根専用F形棟瓦 「トライ片流冠瓦シリーズ」
スーパートライ110タイプT 色 クールブラック
■片側を垂直にした左右非対称の形状とすることで、片流屋根のデザイン性にマッチします。
■コンパクトな形状と製品重量の軽量化を実現しました。
posted by TAKEMOTO at 18:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年10月29日

雨切のし瓦

012.jpg002.jpg013.jpg

のし瓦の前面に垂れがついていて、棟の上から2〜3段目に葺かれる瓦のことを言います。
雨切のし瓦は、中積のし瓦に雪や雨水の影響を与えないためと、装飾的な目的で使用されます。
雨切のし瓦の位置は、冠瓦の種類及びのし瓦の段数により、バランスを考慮して決められます。
posted by TAKEMOTO at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年10月25日

巴瓦(ともえがわら)

013.jpg008.jpg001.jpg

丸瓦の先に巴がついた瓦で、使用される部分で名称が異なる。また一般には軒巴(のきどもえ)のことを巴瓦とも呼ぶ。
巴瓦には、本瓦葺きの丸瓦の軒先部分や桟瓦の紐丸瓦の軒先で使われる軒巴(のきどもえ)、棟の先端で袖瓦の接合部で使われる棟巴(むねともえ)、破風に掛瓦を使う場合の棟の接合部の拝巴(おがみどもえ)、紐丸瓦を屋根の途中で止める場合の半月巴(はんげつどもえ)などがある。
posted by TAKEMOTO at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年10月01日

Before・ After

1285743247Yyk9fLWW.gif

屋根のリフォーム
Before 土葺きJ型(青緑) ⇒ After F型防災瓦 スーパートライ110タイプT 銀鱗
posted by TAKEMOTO at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年09月12日

入母屋

002.jpg016.jpg013.jpg

入母屋造の屋根は、上部においては切妻造(長辺側から見て前後2方向に勾配をもつ)、下部においては寄棟造(前後左右四方向へ勾配をもつ)となる構造をもつ。東アジアの伝統的屋根形式のひとつである。

三州切落いぶし瓦(防災瓦)
軒部:万十軒瓦 箕甲部:万十掛瓦
大棟部:六寸影盛足付立浪台付鬼/厚のし-2/厚のし-5/雨切のし-1/厚のし-1/江戸
隅棟部:五寸影盛一文字立浪台付/厚のし-1/削ぎのし-2/厚のし-2/伏間
    六寸影盛一文字立浪台付/厚のし-1/厚のし-4/伏間


information.gif 左斜め上
posted by TAKEMOTO at 11:47| Comment(9) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年09月11日

いぶし瓦

屋根瓦のリフォーム
Before 陶器瓦シルバー色(土葺き) ⇒ After いぶし瓦( 引掛桟葺き)


12841876906Vv_5QI3.gif

いぶし瓦は日本の気象条件に適し、美しい自然との調和により風格と美を一層引き立ててくれます。

特徴
強度    曲げ強さには約2600Nの重量が加わっても十分耐えることが出来ます。
美しさ   いぶし瓦の美しさは、四季を通して落ち着きと風格をかもし出します。
凍害に強い 1100℃以上の高温焼成による低吸水率だからこそ耐寒に優れています。
経済的   過酷な条件に耐え、長い歳月にも住まいを守りぬき、経済的です。
熱に強い  真夏の強烈な太陽光線を反射し、反射効果により快適な住空間を作ります。 


屋根のリフォーム.gif 左斜め上
posted by TAKEMOTO at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年08月19日

スーパートライ110タイプT

002.jpg003.jpg013.jpg

高機能エコ瓦 屋根の温度を下げる瓦「クールベーシック」
色:クールブラウン トライRS袖

選択的反射性能 太陽からの赤外線を選択的に反射し、熱の発生を防ぎます。
遮熱性能
 屋根を通過する熱を低減させ、室内温度の上昇を防ぎます。
posted by TAKEMOTO at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年08月18日

日本の美 いぶし瓦

023.jpg054.jpg011.jpg

伝統あるいぶし瓦 日本建築の「美」は屋根にあり

日本文化の大きな部分を占める社寺、日本建築、その中でも特に日本の屋根の曲線美の美しさは、世界にも類がありません。
和風住宅・数寄屋建築と日本風土にあった建物が減少しつつあるなか、近年また日本建築と共に、建築物の景観を大きく左右する屋根瓦も見なおされつつあります。目に鮮やかに飛び込んでくる、美しい燻し銀は、日本古来より、いぶし瓦が育てきた伝統美・土の温もりでもあり、瓦が持つ特色ともいえます。

美濃瓦協業組合
いぶし瓦作りの伝統に培われた「みの瓦」は、高品質として全国各地で高い評価を受けております。特に神社・仏閣等の文化財の修復用瓦として、多くの実績を誇っております。
岐阜県の良質な土に恵まれ、高度な技術と近代化されたトンネル窯から耐寒性に優れた「いぶし瓦」を月産約20万枚生産しています。
posted by TAKEMOTO at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年08月10日

鳥休(とりやすみ)

014.jpg007.jpgtoribusuma.gif
鳥休みは鬼瓦の上に載せられ、冠瓦に接続して葺かれるが、角のように出た部分は鳥休と呼ばれる。
巴瓦と相性が良く、棟隅を飾る鬼瓦に力強さを加える伝統的な飾り瓦です。
鳥休みとはうまく言ったもので、 この部分に鳥が留まっている事が多いんです。
posted by TAKEMOTO at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年07月29日

唐破風

唐破風~1.png013.jpg006.jpg
唐破風(からはふ)
唐破風は、日本特有の形式で、切妻のむくり屋根の先に曲線を連ねた形状の破風板が付けられる。古いものは勾配が緩やかで、新しいものは勾配が急になる。
城郭建築や、近世の寺院などで多く見られ、装飾性がある。邸宅や役所の玄関としてつけられることもあり、首里城正殿の通称「からふぁーふ」は正面玄関に唐破風が付けられていることから由来している。
唐破風には向唐破風と軒唐破風の2つの形式がある。
向唐破風(むこうからはふ)は、出窓のように独立して葺き下ろしの屋根の上に千鳥破風のようにして造られる。出窓として造られるものもあるが全くの飾りとして造られることもある。
軒唐破風(のきからはふ)は、軒の一部にむくりをつけるか、むくりをつけた切妻に付けて造られる。城郭建築、寺社建築などで見ることができる。

詳しくはこちら⇒正尊寺 大玄関屋根工事
posted by TAKEMOTO at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年07月24日

大玄関

001.jpg002.jpg005.jpg

正尊寺 大玄関屋根工事

正尊寺の歴史は古く、天台宗横蔵寺(801年伝教大師最澄創設)の末寺として創建された。
文明5年(1473)福井県吉崎御坊の蓮如上人から遣わされた了光坊が、浄土真宗に改宗し本巣町・大野町・谷汲村・糸貫町・網代西郷の門徒と共に浄土真宗の道場として正尊寺を再建した。
永禄7年9月(1564)織田信長によって焼き討ちにあい、堂宇や多くの宝物(蓮如上人から頂いたお手紙など)を消失してしまった。
しかし、本能寺で織田信長が失脚し、豊臣・徳川と世の移り変わりの中、門信徒と共に念仏の道場として16代の住職継承をして現在に至っている。

baner.jpg
posted by TAKEMOTO at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年05月27日

屋根のリフォーム

屋根のリフォーム 地震・台風に強い、安全・安心・長持ちな防災瓦で葺き替えましょう。

Before 土葺き和瓦 ⇒ After F型防災瓦 スーパートライ110タイプT 銀鱗
008.jpgsuper1-kihon.jpg004.jpg


屋根のリフォーム.gif 左斜め上 information.gif 左斜め上
posted by TAKEMOTO at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年04月27日

Before After

屋根のリフォーム   Before 土葺き和瓦 ⇒ After 引掛桟葺きヴァール(Wahl)アプリコット
010.jpgw1a7s.jpg017.jpg


NEW 屋根のリフォーム.gif 左斜め上
posted by TAKEMOTO at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年04月24日

Wahl 【ヴァール】

002.jpg021.jpg018.jpg

色 ミドルカラー・アプリコット :ホエール軒 :ヴァール袖 :7寸丸

西欧のクラフトマンシップと日本伝統の匠の技が融合
建物やお好みに合わせて自由に組み合わせられる[ヴァール]は、粘土瓦の特徴を活かしたまま、洋風建築にもフィットする、自然の風合いそのままのアースカラーのルーフタイル。11色もの組み合わせで、あなただけのオリジナルルーフをお造りいただけます。

株式会社 神清
posted by TAKEMOTO at 17:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年04月09日

水シャット

002.jpg007.jpg011.jpg

■土台からのこだわり素材「屋根用南蛮しっくい」

この商品は、通常で使用する土の部分にもシックイの部分にもまとめて使用でき、月日が流れ漆喰がはがれてしまうこともなければ、防水性・耐久性も通常の土とシックイによる工事よりも高い優れものです。
■特徴
シリコンを含む製品であるため、水をはじく防水性(撥水性)に優れ、積雪地方まで対応。地震や風雨に強い。収縮率が低く、ひび割れしにくい。棟瓦との密着性が良い。しっくい工事”を必要としない。腰が強く、変形しにくい。

mizusyattoSIRO.jpg information.gif
posted by TAKEMOTO at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年04月01日

太陽光パネル

高機能エコ瓦 クールベーシック 色 クールブラック

006.jpg007.jpg
青い空、白い雲、緑の大地、かけがえのない私たちの地球。
未来の子供立ちに残すために、エコ社会をつくるのが現代に生きる私たちのつとめではないでしょうか?
株式会社屋根技術研究所
posted by TAKEMOTO at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年03月28日

スーパートライ110タイプU

タイプU.jpg009.jpgburaf2.jpg

シンプルな美しさを誇るタイプU 洋風・和風どちらにも似合います。
高機能エコ瓦 クールベーシック 色 クールブラック

クールベーシックは、太陽からの赤外線を効果的に反射させることによって、屋根材として最も好まれる色、黒色や濃い茶色でも室内温度の上昇を防ぎ、快適で健康な住空間を創造します。

環境ビジネス.jp information.gif
posted by TAKEMOTO at 18:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年03月24日

7寸冠

DSCF0566.jpgDSCF0568.jpgskan.gif042.jpg029.jpg無題.jpg
posted by TAKEMOTO at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年03月17日

スーパートライ110タイプT

013.jpg003.jpg
スーパートライ110タイプT 色 マットグリーン
適度なボリューム感が華やかなタイプT

information.gif
posted by TAKEMOTO at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工例紹介

2010年03月04日

鐘楼 その参

026.jpg022.jpg028.jpg

鐘楼(しょうろう、しゅろう)とは、寺院内にあって梵鐘を吊し、時を告げる施設。鐘つき堂、鐘楼堂とも言う。

鐘を吊(つ)り下げて撞(つ)き鳴らすための建物。「しゅろう」とも読み、俗に釣鐘(つりがね)堂という。古代の寺院では伽藍(がらん)を構成する主要な建物の一つで、金堂の背後に経楼と対称に配された。建物が楼(たかどの)としてつくられたのは、鐘を高い位置に吊るしたほうが遠くまで響くからであったろう。古代中国の様式を模したと推定される法隆寺西院伽藍の鐘楼(平安時代)は、上下2層からなる楼造(たかどのづくり)の古式の鐘楼として、唯一の遺構である。法隆寺東院鐘楼(鎌倉時代)は、下層が裾(すそ)広がりの袴腰(はかまごし)になり、中世以降はこの形式の鐘楼が主流を占める。また、中世からは楼造とせずに、東大寺鐘楼(鎌倉時代)のように四隅に柱を立て、四方を吹き放しとするだけのものも出現する。この種の鐘楼は、鐘撞(かねつき)堂、鐘堂、鐘舎、鐘台の名でもよばれる。鐘楼は寺院において、時鐘や行事の合図を知らせるために必須(ひっす)のものであるが、仏教寺院に限らず、キリスト教の教会などでも教会堂に付属または独立して建てられており、これらは塔を形成するものが多い。
posted by TAKEMOTO at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 施工例紹介

 

Copyright © 2009 TAKEMOTOKOUMUTEN Co.,Ltd. All rights reserved