岐阜県本巣市の屋根工事店(株)竹本工務店 問い合せ プライバシーポリシー
HOME 屋根を考える 主な施工例 News & Topics 最近の施工例 お勧めコンテンツ 会社案内


竹本工務店

2009年06月18日

北海道で市場開拓へ

住宅市場の冷え込みが続く中、三州瓦で知られる愛知県陶器瓦工業組合は、
瓦が普及していない北海道での市場開拓に乗り出す。本年度中には寒冷地
における組合推奨の施工マニュアルを作成、加盟業者の参入を支援していく。
北海道の住宅はトタン屋根が大半で、瓦業界にとってほぼ未開地の地。
寒さで瓦が割れる凍害が起きるイメージなどが妨げとなっているものの
1150度と高温で焼成する三州瓦は吸水率が低いため、道南エリヤなら十分
対応できるという。ただ、つららなどの重みで落下する危険性はあり、これを
防止する施工マニュアルを作ることにした。実験データを踏まえて年度内に
完成させ、現地のイベントにも共同出展してPRする方針。
posted by TAKEMOTO at 21:24| Comment(3) | TrackBack(0) | News

2009年06月05日

長期優良住宅普及促進法が施行

6 月4日に「長期優良住宅普及促進法」が施行した。同法に基づいて認定する、いわゆる「200年住宅」の普及に向けて、各地で技術講習会を開催中だ。講習は、国が補助金を出して開いている。 国は同法の施行から2、3年で新築住宅の1割程度を長期優良住宅とすることを目論む。
posted by TAKEMOTO at 15:57| Comment(1) | TrackBack(0) | News

2009年05月30日

トップライト

ten1.jpg
家を建てたり、リフォームをする際に、あこがれる人も多いトップライト。サンサンと太陽の光がさし込むし、覗かれる心配もないし、夜には星空が見れるし・・・「あったらいいなぁ。」と思いますよね。調査によれば、昨年、新築・建て替えをした人の18.0%の人がトップライトを取り入れているといいます。
天窓やルーフ窓とも呼ばれる屋根(上方)に取り付けられた窓のことで、同じ大きさの一般の窓と比べて3倍の採光が得られると言われています。スタイルとしては固定式と開閉式に分かれていて、開閉方法には手動式と電動式があります。通常の窓と同様に、枠にアルミや木製複合素材などを用い、複層ガラスをセットした断熱構造の製品も出ています。
屋根面に取り付ける建材ですから、雨漏りなどの心配はどうしてもぬぐえません。そのためにも、修理やメンテナンスなど体制をチェックしておくことを忘れずに。
posted by TAKEMOTO at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | News

2009年05月29日

中古住宅検査・補修の新制度、国交省が提案

KP090529chuko-1.jpg
国土交通省は、中古住宅の検査と補修を促進する新制度案を明らかにした。個人を売り主とする物件を第三者機関が検査し、新型の保険に加入して瑕疵を担保する。売買後の物件に瑕疵が見付かった場合、検査機関は保険金を受け取り、買い主が工務店などに依頼する補修工事の費用に充てることになる。同省が5月26日に開いた社会資本整備審議会既存住宅・リフォーム部会(部会長:浅見泰司・東京大学教授)で、中古住宅流通の促進策の一環として提示した。
 下の図は新保険のしくみだ。買い主に対して売り主ではなく検査機関が瑕疵担保することを前提とする。国交省は検査機関として住宅品質確保促進法に基づく住宅性能評価機関などを想定している。保険の運営には、現在新築住宅向けに住宅瑕疵担保責任保険を運営している保険法人が当たると見込んでいる。新保険がスタートする時期など詳細は未定だが、加入が義務付けられるものとはならない見通しだ。国交省は中古住宅の市場評価で、第三者機関の検査を受け、瑕疵を担保されることがプラスの要因になることを期待している。


●新しい中古住宅検査・補修制度のしくみ(案)
posted by TAKEMOTO at 20:26| Comment(1) | TrackBack(0) | News

2009年05月16日

(社)全日本瓦工事業連盟 PR委員会より

のぼり用コピーおよび写真募集

@「瓦ハンドブック」作成のための写真
(建築士や建築関係者、建築学科の学 生などに「粘土瓦をもっと知ってもらう」ための教材として作成)
写真のテーマを明確に下記の項目で応募してください。
1. 耐震耐風・ガイドライン
  施工中の写真。被災地の写真(瓦屋根以外の倒壊現場写真。軽くてもつぶれる)
2. 景観法
 城下町・門前町など市町村で行政保護しているもの、していないもの。
 古民家再生。瓦のある風景。旧東海道、中山道などの町並み。
3. 長期優良住宅
 リフォーム(葺き替え・屋根替え)瓦の地球温暖化対策(ECOの証明)
4. 瓦の歴史と文化
 1420年の歴史を物語るもの。ダルマ窯。瓦製作の道具(プレス機など)鬼瓦・役物・飾り瓦の製作中の鬼師の写真など。
5. 飾り瓦および庭のオブジェ
  表札。電灯の笠。花壇の縁。 雨だれの水路。その他
6. 特注品による瓦の施工例、色々な型や色の粘土瓦の施工例(瓦の奥深さを分かってもらう)
7. 瓦のリサイクル
  廃瓦の2次製品。古瓦の再利用。その他
8. その他 なんでも結構です。
  瓦・かわら・カワラ 面白写真。
締め切り   5月末日 提出スタイル 郵送 or メール
写真の裏には 氏名・所属組合名・住所 連絡先・写真の意図
(1〜8までの何に属するか。) 写真の場所or題名をご記入
送り先 〒102-0071  東京都千代田区富士見1-7-9 東京瓦会館4F
   (社)全瓦連 PR委員会 写真係
posted by TAKEMOTO at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年05月15日

岐阜県瓦葺組合 通常総会

13日の夜に所属している組合の支部の集まりがありました。
久しぶりに支部の方々のお顔を拝見できて大変良かった。
前回は忘れていて欠席。青年部の役員会は都合つかずに欠席。
こんな事では、M君に怒られる・・・

平成21年度 岐阜県瓦葺組合 第36回 通常総会
5月24日(日)午後1時より 長良川スポーツプラザ
私、出席します。組合員のみなさま!出席しましょう!

このところ、D党の私はブランコのホームラン飛距離だけが
楽しみです。ちなみに私は、昭和57年のチームが一番好きです。
posted by TAKEMOTO at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | News

2009年05月11日

耐震改修

1.jpgbtn-zoom.gif
あなたの家は大きな地震に耐えられるか──。東京都が実施した調査では、22.1%が「思わない」、40.5%が「分からない」と答え、6割以上が耐震性に不安を感じていた。


(注)東京都の資料を基に日経アーキテクチュアが作成
 阪神・淡路大震災の死者約6400人のうち、8割の死因は家屋の倒壊などによる圧死や窒息死だった。

 この教訓を生かし、政府は1995年12月、耐震改修促進法を施行。81年の「新耐震基準」を満たす建物を2003年時点の75%から15年までに90%へと引き上げる計画を掲げる。09年度には「住宅・建築物安全ストック形成事業」を創設。国が190億円を投じ、耐震改修などへの補助を拡充した。

 都の調査では、有効回答を寄せた1885人のうち822人が「今後、耐震診断や改修をしたい」と答えた。さらに、耐震診断を誰に頼むか尋ねたところ、「建物を設計・施工した会社」が24.8%と最多。設計事務所や建設会社にとって“アフターサービス”が重要になることがうかがえた。

[調査概要]

 東京都が2008年9月から10月にかけて、20歳以上の都民3000人を対象に実施した。有効回答者数は1885人だった。居住する住宅が持ち家の比率は64.5%、戸建て住宅の比率は52.8%。建築時期を尋ねたところ、1981年以前が31.2%、82年以降が57.5%、分からない・無回答が11.3%だった
posted by TAKEMOTO at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年05月03日

瓦で省エネ!断熱効果でCO2 削減

200905_06_1.jpg
住宅で最も太陽光を多く受けるのが屋根だ。しかも屋根材として好まれる黒色や茶色の落ち着きのある濃い色は熱を吸収しやすい色でもある。

三州瓦大手メーカーの鶴弥は、瓦に特殊なうわ薬を塗ることで、黒色や茶色でありながら赤外線を反射する機能を併せ持つ瓦、スーパートライ110「クールベーシック」をこの3月に発売した。

同社の実験では、夏季の日射を浴びた場合、表面温度が同色系の化粧スレートとの比較では、その差は12℃から19℃に。同実験での試算では、クールベーシックを配すれば、一般的な家庭で冷房費年間約9000円程度削減が可能だという。電力消費によるCO2 排出量も約40s程度減少する。

色は、クールブラックとクールブラウンの2色。工事設計価格は1m2あたり9500円(標準的な工法・傾斜の場合)。同社では商品発表直後から市場の手ごたえを感じており、広く普及するように販売していきたいと意欲を燃やしている。


サーモグラフィ。上がクールベーシック(黒)。下が板金屋根材(黒)。

環境ビジネス5月号引用
posted by TAKEMOTO at 09:23| Comment(1) | TrackBack(0) | News

2009年05月01日

のし瓦

008.jpg
○ス瓦の のし瓦(いぶし)です。製造止める前に引っ張っておいた残りです。
○栄さん ○田屋さんの のし瓦を使っている「工事屋さん」評価を教えて下さい。
無い物ねだりしても仕方ないだけど・・・
posted by TAKEMOTO at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | News

2009年04月29日

住宅着工数

thumb_500_KP090331chakko.jpgthumb_500_KP090331kakunin.jpg
新設住宅着工戸数の落ち込みが加速し、2月は前年同月比24.9%減の6万2303戸となった。国土交通省が3月31日に発表した。
 内訳では分譲住宅(1万7558戸)の低迷が、前年同月比34.4%減と特に大きくなっている。持ち家の着工戸数(2万278戸)の前年同月比は9.9%減で、1月の同10.8%減と比べるとわずかに持ち直した。



(国土交通省の資料)

 同日の国交省の発表によると、住宅着工戸数の先行指標となる建築確認件数の2月の数値は、前年同月比23.7%減の3万3495戸だった。前年同月比の増減率は1月の16.1%減よりも悪化した



(資料:国土交通省)
posted by TAKEMOTO at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年04月27日

岐阜県瓦葺組合青年部会のみなさまへ

ご無沙汰しております。
役員の皆様、ご苦労さまです。
さて今期は、全瓦連青年部25周年統一事業が各県で行われますね。
限られた時間と減少した部員の中で行わなければなりません。
役員会で時間の都合上、ストップして終った、議題など、ブログで行ったらどうですか?
予習も出来るし・・・
ただ、前向きな意見は大賛成だけど、批判とか後ろ向きな意見はダメだぜ。管理者が削除する。
一番読んでほしい奴、読んでるか? 肩に力入りすぎだって・・・
posted by TAKEMOTO at 18:55| Comment(1) | TrackBack(0) | News

2009年04月24日

住宅瑕疵保険への対処法

KP090327hoken.JPG
伝統構法の雨漏りは対象外か
08年末から09年の初めにかけて、すべての保険法人が約款を改正し、保険金支払いの対象外となる住宅の損害事例を追加した。「採用された工法に伴い通常生じうる雨水の浸入・すきま・たわみなど」(住宅保証機構の約款の抜粋)だ。
 伝統的な真壁造りなどを採用した住宅で、工法の性質上、外壁の雨漏りが起こりやすいと保険法人が判断したケースなどが該当する。そうした住宅は保険に加入できるが、外壁に雨漏りが生じても保険金は支払われない。真壁造りなら無条件に該当するわけではないので注意が必要だ。

 住宅会社は瑕疵保険の内容を、重要事項説明として建て主に説明する義務を負う。雨漏りしても保険金が支払われない工法を採用した場合には、そのことも説明の対象だ。

「仕方のない雨漏りは瑕疵ではない」

 引き渡し後10年以内の新築住宅に雨漏りなどが発生した場合、住宅会社は住宅品質確保促進法(品確法)に定められた瑕疵担保責任に基づいて、補修する義務を負うのが原則だ。住宅瑕疵担保責任保険に加入すると、住宅会社はこの義務を果たした際に保険金の支払いを受けられる。


 では、真壁造りの外壁からの雨漏りなど、保険金が支払われない雨漏りについては、住宅会社の自己資金で補修義務を果たさなければならないのかというと、そうではない。国土交通省によると、保険金支払いの対象から外れた雨漏りは、住宅会社が品確法に基づいて補修すべき瑕疵にも該当しないことになる。「工法の性質上、仕方のない雨漏りは瑕疵ではない」と、同省住宅瑕疵担保対策室長の住本靖さんはコメントしている。



真壁造りの古民家の一例。外壁に露出した柱梁と土壁との取り合いから雨水が浸入しやすいと一般にいわれる
posted by TAKEMOTO at 17:37| Comment(1) | TrackBack(0) | News

2009年04月21日

鬼面

平成鬼面.jpg古代鬼面.png
平成鬼面と古代鬼面です。
どちらが「平成」でどちらが「古代」か?分かりますか?
posted by TAKEMOTO at 17:53| Comment(2) | TrackBack(0) | News

2009年04月14日

会社の庭に

003.JPG
○山から取ってきた。ワサビです。
ちょっといい感じ。
posted by TAKEMOTO at 08:24| Comment(4) | TrackBack(0) | News

2009年04月10日

ホームページを開設いたしました

いつもお世話になっております。株式会社竹本工務店の竹本です。
この度、弊社ホームページを開局いたしました。地域密着の屋根工事店として、より一層努力していきます。
屋根に関するご相談など、気軽にお問い合せ下さい。よろしくお願い申し上げます。
posted by TAKEMOTO at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | News

 

Copyright © 2009 TAKEMOTOKOUMUTEN Co.,Ltd. All rights reserved